​オクシボーテのブログ

​美容と健康、そして酸素に関することをお伝えしていきます

酸素について③

皆さんこんにちは♪

今日は涼しくて過ごしやすかったですね☆


前回は酸素は体内でどのように使われているかを書きました。


今回は

酸素の種類

について書いていきます♪


私たちが何気なく吸っている酸素。

実は2種類あるんですよ!!


大気中から体内に取り込まれた酸素は、肺でヘモグロビンと結合して血流によって

体に運ばれます。

この酸素を「結合型酸素」と言います。

結合型酸素はヘモグロビンと結合しているため、ヘモグロビンの量を超えて運ばれる

ことはありません。そして、分子量が大きく毛細血管は通りにくいのです。



結合型酸素は分子量が大きく毛細血管まで届かない(神戸メディケア殿HPより引用)


もう1種類、ヘモグロビンと結合しない酸素もあるんです。

この酸素を「溶解型酸素」と言います。

溶解型酸素は体内での量は少ないものの、圧に比例して血液、体液に直接溶け込み

結合型酸素が通れない毛細血管の隅々まで届くのです。

しかし、この溶解型酸素、通常の呼吸だけでは非常に少なく、大きく深呼吸しても

取り入れるのが非常に難しいのです(>_<)


溶解型酸素は毛細血管の隅々まで届きます!(神戸メディケア殿HPより引用)


それでは、どのようにして溶解型酸素を取り入れればよいのでしょうか!?


それは、、、


酸素カプセルに入れば溶解型酸素を取り入れる事が出来るのです!!

次回、酸素カプセルについて書いていきます♪